教わる気がない弟子(矛盾)

大昔に流行った「ガチンコラーメン道」みたいな

僕はああいう雰囲気が苦手だ

けれど、「ああいう厳しい?環境に身を置かなければ、僕の人生は終わりだ

と本気で思い詰めて挑んでいた時期があって

その頃は本当にしんどかったなぁ…

(関連:価値のない自分になること

・・・

奇妙な話だけど、僕は「教わる気がない弟子」だった

頭・理性(Aくん)では、「教わって自分を磨かなきゃ」と思っていても

心・感情(Bくん)では、自分が「教わる立場」ということに屈辱感・不服・納得いかず、認めてなかった

(当時はまだBくんの存在に気付いていなかった。)

だから、集中できず、頭に入ってこず、身が入らず

何をしても結局一人前にはなれなかった

(関連:僕は頭を使えてない

・・・

教える側からしてもさぞ困惑したに違いない

この子は一体何なんだろう?」とね

謙虚な姿勢とヤル気ある態度なのに、何かズレてるというか…

「え?やる気ある?覚える気ある?」

と思われても仕方ないような初歩的な間違いを犯す

そんな自分がどうしようもなく惨めで情けなかった

そんな体験を何度も繰り返せば、そりゃあ失敗体験の蓄積、「自分は何やっても無駄」という境地にもなりますわな

・・・

でもおかしな話だよね、蓋を開けてみれば「教わる気がないのは自分だった」なんてね

こんな滑稽な話ってあるかな、コントの題材にできそうだよ

それに、これに気付くのに一体何年かかったのやら…

味わってきた徒労感と絶望感は、言葉では到底言い表せません

・・・

大事なのは、

「このままでは自分の人生は終わりだ」みたいに思い詰める必要はないということと、

自分の中のBくんが何をそんなに怒っているのか、そこに耳を傾け、寄り添ってあげることだよね